SINGO MORI

SOLO EXHIBITION

2020 5/12-5/30 

SINGO MORI 1937- Japan

森眞吾

愛知県生まれ。
1958年愛知学芸大学(現・愛知教育大学)在学中、行動展に初入選。
以降、行動美術協会を主たる発表の場とし、若くして評価を確立する。
1964年第6回現代日本美術展へ出品、《僧院》《王》でシェル美術賞展・佳作賞を受賞。

その時々の感覚で自由闊達に描く平面表現を得意とし、艶のある色使いと、空間を立体的に捉えるような抽象表現が特徴的。
1970年代以降は主に東京で作品を発表する。
多くの美術コレクターにも支持され、2014年には碧南市藤井達吉現代美術館にて「森眞吾展-汽水域に生きる-」が開催。その後も、益々精力的に描き続けている。