RAW🖤

by

LEVI PATA

 2020 7/18-8/1

 

京都から東京にリーバイは何も作品を持ってきません。

このエキシビジョンはは真っ白なキャンバスを壁に貼るところから始まります。リーバイの特徴の1つでもある即興性のペイントにフォーカスを当て展覧会開始の約一週間前からギャラリーで作品を製作し、さらにペインティング時に発生する"音"をガンマイクで採取します。

即興で描かれたペインティングはまるで"音楽"のようでもあり、その"音楽"を聴くことで彼が筆やマーカー、時には身体を駆使して描く作品の軌跡を追体験することができる。

“RAW🖤”はその音と目の前に在る作品を同時に鑑賞するという展覧会となります。

 

また、展覧会初日にはノイズヒップホップグループのMAMMOTHの岡崎絶太郎氏を招き、ライブペイントショーで発生する音をリアルタイムでエディットし、文字通りノイズを音楽へと昇華させる実験的なショーケースを披露します。

東京では約一年ぶりとなるリーバイの個展を是非ご高覧ください

LEVI PATA / リーバイ・パタ
1985年ホリスター(カリフォルニア)生まれ。2009年から2年間東京で活動、その後サンフランシスコへ戻る。2016年、京都へ移住。
現在京都を拠点に制作活動をおこなっている。
2019年1月パリコレで発表されたTAKAHIROMIYASHITA TheSoloistの2019FWコレクション「1ONE MY WAY」のデザインに自身の作品を提供。 本に、作品集「小さい部屋から」、ポストカードブック「ANOTHER SUNSET」、(HeHe出版)。